マウスピースを使えば目立たない

マウスピースを使えば目立たない 歯の矯正といえば以前は子供のうちに行うものというイメージがありましたが、最近では大人になってから矯正歯科を受診する人も増えています。その一方で、歯並びを整えたいが治療にはためらいがあるという人も少なくありません。その理由として多く挙げられるのが、「治療器具が人目についてしまう」というものです。
確かに従来の矯正治療では金属製の装具を歯の表面に取り付けるため、人前で話をしたり食事をしたりする際には気になってしまうという課題がありました。しかし現在では、多くの矯正歯科でマウスピースを装着し、治療が進むにつれていくつも取り替えながら徐々に歯を動かしていくという、新しい技術が取り入れられています。このマウスピースは透明な樹脂製で、人前で口を開けてもあまり目立ちません。しかも自分で着脱可能なため、食事中などは外しておくことができます。もちろん、歯磨きも自由です。美的な側面だけでなく衛生面でも優れた治療法として、人気が高まっています。

目立たない矯正歯科治療なら裏側矯正がおすすめ

目立たない矯正歯科治療なら裏側矯正がおすすめ 歯の矯正治療は咬み合わせの改善によって健康増進が図れるだけでなく、口元に自信が持てるようになるとして最近では大人になってから矯正歯科を受診する人も増えています。ただ、大人の場合、時には治療が心理的なストレスになってしまうこともあります。というのも、一般的な矯正治療では、歯の表面にブラケットと呼ばれる金属製のコマのようなものをあてがい、それをワイヤーで締め付けることで歯の位置を動かすという治療法が用いられているからです。このやり方だと、口を開ければ治療器具が見えてしまうので、人前で話をしたりする際につい口元が気になってしまいます。
しかし最近では、多くの矯正歯科で裏側矯正と呼ばれる治療法も選択できるようになっています。これは、その名の通り歯の裏側にブラケットを装着するというもので、口を開いても表側からは簡単に見えません。会食事にも気にならないうえ、表面のエナメル質を傷めるリスクが少ないという利点があります。