矯正歯科におけるマウスピース矯正の特徴とメリット

矯正歯科におけるマウスピース矯正の特徴とメリット 矯正歯科の治療法には「マウスピース矯正」という方法もあります。
この治療の特徴は、ワイヤーやブラケットを歯に装着するのではなく、マウスピースをはめて歯を正しい位置へと動かしていくという点です。
従来の矯正歯科で行われているワイヤー矯正は、歯の表面にワイヤーやブラケットといった器具を装着するので、どうしても口元が目立ってしまいます。
一方、マウスピース矯正はというと、歯に装着する器具は透明なマウスピースです。
器具によって口元が目立つ心配が無いので、大人になってから治療を開始する人に選ばれています。
また、一般的な方法だと1度装着した器具は、自分で外すことはできません。
歯磨き時にも外すことができないので、器具の隙間に食べかすが残りやすく不衛生になりがちというデメリットがあります。
1日にはめる時間は決まっているものの、マウスピースは自由に取り外し可能です。
歯磨きをするときには外せるので、口腔内を清潔に保てるというメリットもあります。

矯正歯科でマウスピース矯正を行うメリット

矯正歯科でマウスピース矯正を行うメリット 矯正歯科で「マウスピース矯正」を行うメリットとして、まず挙げられるのが「歯列矯正中でも口元が目立たない」という点が挙げられます。
金属の素材で作られたワイヤーやブラケットという器具を、歯の表面に装着するのが一般的な治療法です。
この方法だと歯と器具のコントラストが強すぎて、喋ったり笑ったときにどうしても口元が目立ちます。
マウスピース矯正は、透明な素材で作られたマウスピースを装着するので口元が悪目立ちです。
さらに、「食事中や歯磨きをするときには、マウスピースを取り外せる」というのもメリットです。
治療を開始した直後は口腔内に違和感があり、食事や歯磨きがし難いと感じる人も少なくありません。
マウスピースを使う方法なら、毎日の生活でストレスを感じにくいのです。
そして金属製の素材を使っていないため、金属アレルギーの人でも安心して始められるのも魅力となっています。
この治療を始めたいという人は、歯列矯正を専門としている矯正歯科にまずは相談してみましょう。