矯正歯科の治療に痛みはある?

矯正歯科の治療に痛みはある? 矯正歯科治療では、様々な種類の装置を使用していきます。症例や年齢によって使う装置は異なり、主に取り外しが出来るものと、口の中に固定してしまうものと大きく二つに分けることができます。取り外せる装置は最初は違和感があるものの、使用していくうちにだんだんと慣れていくでしょう。歯列を広げる用途のものは、実際に押していくので当たり前なのですが、押されるような感じがします。
直接歯に固定してしまう装置は、常に口の中にあるので同じく違和感があります。また、歯に一本一本つけてワイヤーの力で動かしていく方法では、力が直に伝わり歯が浮くような痛みがあります。個人差がありますが慣れるまでは、固いものが食べられなかったり噛むと痛かったりします。しかし、それがずっと続くわけではありません。段々と慣れていき、普通に食べられるようになります。始めは心配や不安があるでしょうが、矯正歯科の先生とよく話し合い、治療をスタートしましょう。

矯正歯科での矯正治療方法の特徴とメリット

矯正歯科での矯正治療方法の特徴とメリット 歯並びが悪いと見た目が良くないだけでなく、咬み合わせも悪くなるので、身体に悪影響を与えることが多いです。歯並びが悪いと、磨き残しも多くなるので虫歯になりやすくなります。できるだけ早めに矯正をすることで、身体への負担もなくなり快適に生活できるようになります。
矯正歯科ではどんな治療方法をするのか気になる人もいることでしょう。周囲に矯正をしていることを知られたくないという人には、舌側矯正がおすすめです。
舌側矯正は歯の裏側にブラケットを装置して矯正する治療方法なので、表からはほとんど見えません。コンピューターを用いた装置設計を行うので、正確で接着面も広く虫歯になりにくいというメリットがあります。
他にも矯正歯科では、マウスピースを利用した矯正も行います。デートの時など矯正装置を相手に見せたくない場合は、マウスピースを外すことができるので人気です。あまり費用をかけずに矯正したい場合は、金属製のブラケットがおすすめです。歯の移動も確実にできるのもメリットと言えます。